防水技術で社会に貢献、住友ベークライトグループ 住ベシート防水株式会社

Technology of Waterproofing

検査システム

施工後の確実な検査が可能です

探傷機

探傷機

電気放電現象を利用する探傷器の使用で、従来行っていた水張り試験をしなくても防水層の損傷を安全かつ容易に発見することができる科学的チェックシステムを必要に応じて使用できます。
もちろんアフターメンテナンスにも利用されています。
また、防水シートの接合部は減圧継目検査器で検査できます。

ピンホール検査作業

ピンホール検査作業

施工後のDNシート表面に高電圧をかけ、電気の放電現象を利用してDNシートの傷を検査します。
入力100Vの交流電圧を直流0~25,000Vの電圧に変圧できる装置(探傷器)を用います。
図のように、DNシート表面にDNシートの絶縁破壊電圧以下の、そして空気の絶縁破壊電圧以上の電圧をかけます。

ピンホール検査

DNシートに傷がない場合
電流が流れませんので、放電現象は起りません。
DNシートに傷がある場合
電流はアースされたDN鋼板と電気的につながっているアルミクロスシートを通って流れます。このとき放電現象が現れ、DNシートの傷が発見できます。

このページの上へ